カラーリングをしたばかりの革製品のメンテナンス

ドクターレザー高崎

027-329-6451

〒370-0864 群馬県高崎市石原町1065-1

営業時間 10:00~17:00 定休日 土日・祝日

カラーリングをしたばかりの革製品のメンテナンス

スタッフブログ

2018/10/09 カラーリングをしたばかりの革製品のメンテナンス

バッグやお財布をカラーリングさせていただきました直後は、

塗料が落ち着き馴染むまで、

少しお時間をいただけると助かります。

 

カラーリングをする前の革がどのような状態だったのかにより、

カラーリング後の塗料落ちの程度がだいたいわかります。

ほとんどダメージを受けていない革であれば、

通常色落ちの心配はございません。

新品のバッグの色落ちがあまりないのは

ダメージの無い革にカラーリングするからです。

新品でも購入してすぐは、

色落ちすることもあると思います。

これが、ダメージを受けた革へのカラーリングとなると

色落ちリスクが大きくなります。

ゆえに、あまりにダメージが強い革に対しては、

カラーリングをお断りすることがあります。

何でも受けてしまうことは簡単ですし、

カラーリングできないわけではありませんが、

お客様の満足につながらない可能性があるからです。

 

色落ちとは、バッグやお財布の塗料がなくなってしまうことではありません。

バッグやお財布の見た目は、色落ちしたとしても、

何もかわることはありません。

しかし、バッグやお財布と接する、

衣類等に色写りしてしまうのです。

色写りした塗料が洗濯等できれいに落ちるとはかぎりませんので、

ドクターレザー高崎ではお断りすることがあります。

色落ちを防ぐには、

カラーリング後、ネル生地のような柔らかい布で何度も噴き上げる方法があります。

また、一定期間、日の当たらない風通しのようところで

休ませてあげることも重要です。

 

電話番号 027-329-6451
住所 〒370-0864 群馬県高崎市石原町1065-1
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日・祝日

TOP