革製品はメンテナンスすることが前提

ドクターレザー高崎

027-329-6451

〒370-0864 群馬県高崎市石原町1065-1

営業時間 10:00~17:00 定休日 土日・祝日

革製品はメンテナンスすることが前提

スタッフブログ

2018/08/21 革製品はメンテナンスすることが前提

革製品の修理をしてくれるところが少ないとご連絡を下さる人が多いです。

革製品はご購入をする際も決して安い物ではないでしょうから、

購入した後、メンテナンスをしながら

永く使っていただくことをイメージしていただきたいですね。

 

革製品といっても、修理やメンテナンスしやすいものとそうでないものがあります。

革製品の修理やメンテナンスといっても、さまざまありますが、

革のクリーニングやカラーリングを考えますと、

クロコダイル柄については、模様の特徴である幾何学的な線の部分が非常に難しいです。

特にカラーリングの際は、線の部分まで塗料が入ってしまうので、

ご希望に添えないこともあります。

 

また財布のファスナー交換やバッグの内張り交換といっても、

基本的にはその周辺の革を一旦ほどいてからでないとできません。

したがいまして、ある程度の技術、時間、コストがかかってしまう点、

ご理解いただけるとありがたいです。

 

その中でも、ドクターレザー高崎では、

いかにきれいに、いかに安く仕上げるかについては自信があります。

他のお店で、びっくりする価格を言われたといって来店いただくお客様が多いですが、

その半数以上の方はドクターレザー高崎の価格にご満足とご納得いただき、

作業に入らせていただいております。

お見積もりは無料ですので、是非一度ご相談下さい。

 

 

電話番号 027-329-6451
住所 〒370-0864 群馬県高崎市石原町1065-1
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日・祝日

TOP